Webスクールiネットはこんなことができます

topimage_s

機能について

学校向けだから使い易い

使い易い配信機能

パソコンが得意ではない先生にも使ってもらえなくては緊急連絡ツールとしての意味がありません!簡単操作であることと高機能であることは両立できるのです。

○即時配信と配信予約

即時配信が規定値ですが、予め配信日時が分っている時は時間指定配信を利用して配信予約しておけば配信時刻を気にしなくてよくなります。

○開封確認

開封確認とはメール受信者がメールを開いた事が配信者側で分る機能です。

開封確認メールの作成を選択するとメール内に開封確認用の案内文とURLが自動的に挿入されます。メール受信者が開封確認のためのURLをクリックすることでメール送信者側の管理画面で開封状況を参照することが出来ます。

○アンケートメール

簡単なアンケートが可能です。会議開催のお知らせメールと同時に会議の出欠の確認をとりたいといった場合に便利です。

アンケートメールの作成を選択すると、アンケートを作成できます。メール内にはアンケートの案内文とURLが自動的に挿入されます。メール受信者がメール内のURLをクリックするとアンケートの回答画面が表示されます。先生は管理画面でアンケートの集計結果を参照することが出来ます。

○凡例の引用

メールを作成するとき予め登録した凡例(メールタイトル、メール本文)を引用してメールを作成することが出来ます。 凡例には管理用の名前を付けて管理します。作成数に制限はありません。

○メール配信先は様々な条件で指定できます。

・学年、クラスなど所属を指定して配信

メール作成時に配信先として所属組織を指定できます。所属組織は、学年、クラスだけでなく学部、学科、コース、学年のような複雑な組織も設定できます。メール作成時には、チェックボックスで配信先を選択する方式で簡単に配信先を選ぶことができます。

・部活動、PTA役員など任意のグループを指定して配信

任意のグループを設けメール作成時に配信先として指定することができます。グループは、部活動、PTA役員などのように所属組織を横断するようなグループを設定できます。グループは学校独自に何個でも作成できます。前述の学年・クラスの指定と併用することもできます。

・個人を特定して配信

学年、クラスで対象者を絞り込んだ上で特定の個人を指定して配信することが出来ます。同時に複数人指定が出来ます。

○携帯電話(ガラケーを含む)からの配信

・修学旅行先からの行程連絡や練習試合の帰り時刻の連絡、悪天候時の自宅からの急ぎの配信など多くの用途が考えられます。

配信後の結果確認、フォローも完璧

○配信結果は一覧表示で確認できます。

・未開封者が一目で分かるので、その後の対応が容易です。
・開封者・未開封者や学年、クラスでの絞り込み表示ができ、内容をCSV形式のファイルに出力できます。

○未開封者への再配信ができます。

・未開封者にはワンクリックでメールの再送が出来ます。

○アンケート結果も自動集計されます。

・回答数、選択肢毎の回答数が自動集計されます。
・記名アンケート/無記名アンケートを選択できます。
・記名アンケートでは回答者ごとの選択内容が一覧で確認できます。
・回答者・未回答者や学年、クラスでの絞り込み表示ができ、内容をCSV形式のファイルに出力できます。

○不達アドレスの管理が行えます。

・不達アドレスと配信時にエラーになった回数が一覧で管理できます。
・管理者は不達アドレスの所有者に対してメールアドレスの登録用紙を再発行することが出来ます。

らくらく管理機能

登録方法

○いかにして正確な情報を先生の手間をかけずに集めるられるかが重要なポイントです。

本サービスはメール連絡網を前提にしていますので、相手が分らない状態でメールアドレスだけ集める方法や、なりすましが可能なメールアドレス収集方法は提供しません。 開封確認や安否確認が意味を持たなくなるだけでなく、不審者情報のメールが外部に筒抜けでは安全・安心に逆行してしまいます。

○受信者自身がメールアドレスを登録。

・受信者の方にご自分の携帯電話もしくはパソコンを使って、自分のメールアドレスを登録していただく仕組みです。

○空メールで簡単にメールアドレス登録ができます。

・受信者は登録手順書に従って空メールを送ることでメールアドレスの登録ができます。

img_12

○先生は、プリントして配るだけ。

・管理画面から保護者向けの登録手順書をプリントできます。手順書にはQRコードやドメイン指定着信の説明がプリントされています。

○本サービスでは2つの登録方法を用意しています。

方法1. Excelなどで作成した受信者名簿を予めシステムに取り込み受信者にはメールアドレスのみ登録していただく方法
方法2. 受信者にメールアドレスを登録していただく際に、氏名や所属もWeb画面から登録していただく方法

 

※ポイント1
弊社は方法1をお勧めします。本サービスは緊急連絡網や災害時の安否確認に使用されるケースが多く、その場合は名簿の正確性が必須となるためです。いざという時にメールアドレスの未登録者が管理画面から瞬時に検索できることは、緊急時の先生の手間を軽減します。

※ポイント2
どちらの方法も受信者向けの登録用紙(手順書)がシステムからプリントできることと、空メールでメールアドレスを登録することは共通していますので、正確な情報の収集と先生の手間の削減には配慮しています。

先生の手間を省きます

スクールiネットは学校向けのメール連絡網として「先生の手間を軽減すること」をコンセプトに開発しました。先生の手間が削減できなくては意味が無いと考えています。

○進級や卒業生の管理もボタン一つ。

進級処理を行うと学年を持った児童生徒が一斉に1学年進級します。最終学年の人は児童生徒枠から削除され卒業生として別管理されます。

○クラス替えには3つの方法があり、管理しやすい方法を選択できます。

方法1.クラス分け専用画面から行う方法。
方法2. Excelなどで作成したクラス名簿をシステムに取り込むことによって一括で変更する方法。
方法3. 受信者画面から受信者自身に変更していただく方法。

○任意のグループも簡単に登録できます。

・部活動、PTA役員、バスコースなど各学校で任意のグループを何個でも作成出来ます。
・例えば部活動の練習で遅くなった時の帰宅時刻のお知らせを該当の保護者にのみ配信するといったことが簡単に出来るようになります。

安心機能

メールアドレスを見せません

○受信者のメールアドレスは学校側の管理者にも教育委員会の管理者にも見えません。

・受信者のメールアドレスは先頭3文字以降をアスタリスク(*)に置き換えて表示されるので本人以外には見えません。

データセンター設備

○システムの環境は、厳重な管理の元、安全に守られています。

・免震構造
・特殊ガスによる消火設備
・電源2重化
・24時間365日監視員配置
・入退室生体認証・ビデオ監視
・ハードディスク2重化
・遠隔バックアップ

その他安心機能

・なりすまし登録を許しません -

認証コードにより部外者を排除します。

・アタック対策機能      -

アタックを試みられたアカウントを自動的に排除します。

・暗号化通信を採用      -

通信路の傍受に備え通信路を暗号化します。

・承認配信に対応       -

学校の管理者が承認したメールのみ配信される承認配信モードをご選択いただくこともできます。

・操作ログの記録       -

管理画面のログインログや操作ログが全て記録されます。

・4段階の権限管理      -

教育委員会(本部)管理者(教育委員会版でのみ提供)・学校管理者・学校担当者・受信者の4種類の権限で其々に許可される機能とアクセスできる情報のレベルが制限されています。

保護者からの連絡機能

保育園・幼稚園からの声にお応えしました。

img_13

・保護者から出欠や遅刻の連絡ができます。
・先生は一覧画面で保護者からの連絡を確認し、処理済の管理を行うことができます。
・先生が、保護者からの連絡を確認し、チェックを付けると保護者には確認のメールが送られます。
・先生の管理画面上では処理済の連絡は表示が切り替わるので、未処理の連絡を見逃しません。
・連絡の種類や締め切り時間を学校で登録できます。これによって、利用のルールを徹底することができるとともに、利用用途を広げることができます。(バスコースの変更連絡など)

※本機能を、ご利用されるか否かは学校毎にご選択いただけます。

安否確認

安否確認(アンケート)

img_09

・学生、職員への安否確認を実施できます。
・あらかじめ作成しておいた質問を使用して迅速に安否確認を実施できます。
・結果を自動集計し一覧で確認できます。結果をCSV形式のファイルに出力しExcel上で確認することができます。
・簡単なアンケートとしてもご利用いただけます。

他システム連携

他システムとの連携で、いろいろな問題を解決します。

災害時には電話もメールも機能しなくなる

○Webサイト連携

過去の災害でも分かるように、災害時には電話もメールもつながらなくなります。しかし、インターネットは過去のどの災害を見ても、ほぼ問題なくつながっていました。

img_10

Webスクールiネットは、配信したメールのバックナンバーページを学校のWebサイトに掲載できます。これによって、子どもが学校にいる時間帯に、電話やメールが繋がらない様な災害が発生しても、保護者様が能動的に学校のサイトを見に来れば学校の様子を伝えることができるようになります。

他システムで抽出した人にメールを送りたい

○上位システム連携

学籍管理や塾生管理など上位システムで抽出した対象者の携帯電話にメールを配信できないかという、学習塾様のご要望にお応えしました。

ta_system

CSVファイルから取り込んだ、対象者リストにメールを送る機能を設けました。これにより、学籍管理や塾生管理などのシステムで抽出した対象者の携帯電話にメールを配信できるようになりました。CSVファイルの連携ですので、Excel等で作成した対象者リストを取り込んでメールを送ることもできます。

CMSのメールが思うように届かない

○CMS連携

CMSには記事の更新を、会員にメールで通知する機能があります。しかし、CSMにはキャリアブロック対策が有りませんので、保護者様の携帯電話には思うようにメールが届きません。

cms_renkei
Webスクールiネットは、他のシステムが配信したメールを受信し、受信者に転送配信することができます。さらに、メール内のキーワードを解析することによりグループを限定した配信にも対応します。 CMSに限らず、メール配信が上手くいかないシステムと連携することで、問題を解決します。

○ネットコモンズ(NetCommons)連携

教育機関に多く導入されているCMS(ネットコモンズ:NetCommons)との連携においては、多くの実績が有ります。

nc01

機能一覧

【標準版機能一覧】

メール作成 即時配信、日時指定の配信予約
開封確認
簡易アンケート
凡例機能
重複配信防止機能(兄弟機能)
配信先指定
・一斉配信/グループ配信/個別配信
承認配信機能
宛名差込配信
携帯電話からの配信機能
配信結果管理 開封確認
未開封者への再送機能
アンケート集計
エラーアドレス管理
・エラー受信者一覧
・自動配信停止機能
・登録用紙の再発行機能
登録機能 事前登録+空メール登録
セルフ登録+空メール登録
登録手順書の印刷
QRコード対応
学校管理機能 進級処理・卒業処理
クラス替え処理
受信者メンテナンス
組織管理
グループ管理
権限管理
・教育委員会管理者
・学校管理者
・学校メール配信者
外部データ(CSV)取込
・受信者/管理者/配信者
外部データ(CSV)出力
・受信者/管理者/配信者
・配信結果(開封確認、アンケート集計)
保護者からの連絡 ・保護者からの連絡
・連絡一覧管理
・確認メール
・連絡種類・締め切り設定
他システム連携 Webサイト連携(バックナンバー機能)
CMS連携(転送配信機能)
上位システム連携(配信者リストCSV取り込み)

動作環境

【標準版 動作環境】

学校管理画面推奨ブラウザ ■パソコン用ブラウザ
・Internet Explorer 11
・Edge
・Firefox
・Chrome
■Androidスマートフォン・タブレット用ブラウザ
・Chrome
■iPhone・iPad用ブラウザ
・Safari
メール受信者端末 ■メールおよびインターネットが利用できる以下の機器
・携帯電話
・スマートフォン
・タブレットPC
・PC

お急ぎの方、入力が面倒な方はお電話で。

TEL:0867-71-2170

(担当:別所、金田)

教育委員会様・社会福祉法人様は教育委員会版がお得。

販売会社様にお取扱い頂くために。