メール連絡網を成功させるために押さえておきたい 7つのポイント 4/7

 

4.複数媒体によるバックアップ

災害時に電話とメールは当てにならない?

 

4.1.メールだけに頼ってはいけない

メール配信業者の私がこんなことを言うとお叱りを受けそうですが事実です。先の東日本大震災でも電話とメールはつながり難い状況が発生しました。しかし、この時にインターネットはほぼ問題なく利用できていました。
最近のメール配信サービスの多くは、受信者が配信されたメールの内容をWebで閲覧できるようになっています。子どもを学校に預けている時間帯に、メールが届かないほどの災害が起きた場合、保護者も能動的に学校の状況をみに行くと考えれば、「災害時にはここを見て下さい」というアナウンスができていれば、情報を伝えることができます。
逆に、メールだけのシステムは、災害時に機能しなくなる可能性があるので、SNSやCMSなど他のバックアップ手段を用意しておく必要があります。
いすれにしても、災害時には「こうする」というルールを定め、周知しておくことが重要です。

 

前の記事へ | メニューに戻る | 次の記事へ

The following two tabs change content below.
別所 政幸

別所 政幸

株式会社マンタ 代表取締役。 ライター大木の出現により、ブログから解放(追放?)されました。 真面目な記事が必要になった時だけ復活します。
別所 政幸

最新記事 by 別所 政幸 (全て見る)